5月1日はスズランの日です。

スズランの日はフランス発祥のイベントです。
フランスでは5月1日に愛する人やお世話になっている人にスズランを贈る習慣があり
もらった人には幸運が訪れると言われます。
フランス語でスズランを「ミュゲ(muguet)」ということから、「ミュゲの日」とも言われます。

鈴の形をした花はヨーロッパの人々の間では春のシンボルで、幸せを呼ぶものと考えられていました。
また、「聖母マリアの涙」と喩えられることもあり、ヨーロッパでは大切にされ
ブライダルに花嫁に贈る花としても良く使われます。
日本のお花屋さんで見かけるスズランの多くはドイツ原産のドイツスズランで
日本原産のスズランより花が大きく、香りが強いのが特徴です。
バラ、ジャスミンと並び、三大フローラルノートと呼ばれ、ややグリーンを帯びた透明感のある香り
爽やかな香りから、いくつもスズランの香水が出ているほどです。

また、スズランの香りは「聖なる香り」と言われ
好きな人にふりかけると自分に振り向いてくれるという言い伝えもあります。
他の花の香りとも相性が抜群で、とりわけバラやスイートピー、フリージアと良く合います。


〒079-8442 北海道 旭川市 流通団地2条2丁目
TEL 0166-47-2181 FAX 0166-48-8588
お問い合せ tel:0166-47-2181
© 2011 株式会社旭川生花市場 All Right Reserved.