下記の日程で開催いたします、皆様のご参加お待ちしております。



本日より旭川市1条7丁目アッシュアトリウム内にて「Flower Style in 旭川2012 」開催中です!
昨年はバラを中心に展示致しましたが、今年は北海道で生産されている様々なトルコキキョウをメインに展示しております。
また本日午後3時より行われましたアレンジメント教室では、フラワー装飾技能士の指導のもと参加者は楽しくアレンジを作成していました。
その他お花屋さんおススメのアレンジメント展示や、お花の無料配布(27日16時)などイベント満載です。
お近くへお越しの際は是非お立ち寄りください(^^)/

花材や資材を提供頂いた生産者・JA・輸入商社・資材商社様をはじめ、開催にあたりご協力いただいた皆様おかれましてはこの場を借りて厚くお礼申しあげます。

その他の写真は旭川生花市場のfacebookページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.468390703192838.109659.276914789007098&type=1



下記の日程で弊社特設会場にて総合見本展示会を開催いたします。
ご来場お待ちしております。



3月8日の国際女性デーをご存知ですか?

起源は1904年3月8日にニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしました。

これを受けドイツの社会主義者クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから起源のようですね。

イタリアではこの日を「FESTADELLADONNA(フェスタ・デッラ・ドンナ=女性の日)」と言い、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて夫婦や恋人だけではなく、母親や職場の女性に、春を告げる花であるまっ黄色なフワフワなミモザの花を贈るそうです。

贈られたミモザは愛と幸福を呼ぶと言われており、ブーケにして胸や髪に飾ります。

日頃の家事や妻や母としての生業忘れて、羽を休めるのもイイかも知れませんね。
女子会なんかも開いちゃったりして・・・                                                                      (ike)



下記の日程で資材の展示会を開催いたします。  
どうぞこの機会にご来場賜りますようお願い致します。



  9月28日・29日の2日間、旭川市1条7丁目買物公園にありますアッシュアトリウムにて、北海道生花商協同組合 旭川支部の主催により「Flower Style In 旭川 ~Rose Collecthion~」が行われております。
  旭川近郊のバラの産地であります当麻町産バラの品種展示の他に、各産地より提供していただきました花材をもとに組合員が作成した会場装飾やアレンジメント教室も開催されました。

 ~当麻産バラの品種展示~
 
   
   
 全20種類のバラ・スプレーバラの品種を展示しました。

 ~体験アレンジメント教室~
    
    
 
 
産地様に提供していただいた花材など多数の花材を使用し、体験アレンジメント教室が行われました。
 その他生花店持ち寄りのアレンジメントや会場装飾の様子などは下記の「FlowerStyleIn旭川」をクリックしご覧下さい。
Flower Style In 旭川


 下記の日程で資材の展示会を開催いたします。  
 どうぞこの機会にご来場賜りますようお願い致します。

 今年のコレクションは「彩」・「竹あそび」・「苔」のテーマを中心に、ニューアイテムをラインナップ。  
 また、スタンダードアイテムも豊富に提案いたします。



 今回は秋の行事として最近注目度が上がっているハロウィンについて御紹介します。  
 ハロウィンはヨーロッパを起源とする民俗行事で、カトリックの万聖節の前夜に行われます(10月31日)。
 もともとはケルト人の行う収穫感謝祭が、カトリックを信仰する民族の間にも浸透したものが起源で、前記の経緯からアメリカやイギリスなどアングロサクソン系の国で盛大に行われます。
 ケルト人の一年の始まりはは11月1日で、その前夜あたる10月31日のハロウィンには死者の霊が家を訪ねたり、魔女や精霊が現れると言われています。
 これに因んで子ども達は魔女やお化けに仮装したり、かぼちゃをくり抜いた中にろうそくを立てたジャックオランタンを飾って、仮装した子ども達は近所の家をまわり、「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 悪戯かご馳走か)」と唱えお菓子をもらったりするようです。
 北海道にも古くから「ローソクもらい」というハロウィン似たような習慣があり、こちらは七夕に行われます。
 子ども達は「ろーそくだーせーだーせーよー、だーさーないとかっちゃくぞー、おーまーけーにかみつくぞ!」と言ってお菓子等を貰いに家をまわります。
 話はそれましたが・・・市場にもハロウィンや秋の収穫祭に合わせ「おもちゃかぼちゃ」や「トウガラシ」、「花オクラ」など実物の入荷が充実してきます。
 本日初入荷した旭川市永山千代様ご出荷の「おもちゃかぼちゃ」を御紹介します。
        
 手のひらサイズから子どもの握りこぶしサイズまで様々な大きさをご用意しております。
 磨きに磨きを重ねたピッカピカのかぼちゃを秋のディスプレイにいかがですか?
 御注文お待ちしております。(ikeda)
  


今年の十五夜(中秋の名月)は9月12日です。

もともとは中国から伝わり、平安時代頃より貴族の間で月を愛でながら宴を開いたり、水面や盃に浮かび揺れる月を見ながら歌を詠んだりし楽しんだ様です。

月が見える場所にススキを飾り月見団子や里芋など秋の収穫物を盛り、お酒を供え月を愛でております。

お供えする月見団子の数はその年の旧暦月数というのが一般的で、平年は12個、閏月のある年では13個をお供えします。

また北海道では、十五夜頃にちょうど色づくほうづきをススキと共に飾る習慣があります。

地方ごとに様々な習慣があり調べてみるのも楽しそうですね。




〒079-8442 北海道 旭川市 流通団地2条2丁目
TEL 0166-47-2181 FAX 0166-48-8588
お問い合せ tel:0166-47-2181
© 2011 株式会社旭川生花市場 All Right Reserved.